ほくろやタトゥー、日焼けがあると永久脱毛が難しくなるのか

永久脱毛が難しい要因でよく言われるのは、色黒の人や日焼けしている人やほくろやタトゥーがある人です。
またまた公式ブログなどにもタトゥーがある人は出来ませんと書かれている場合もあります。
このような方は本当に脱毛出来ないのでしょうか?

光脱毛の場合は出来ないのです

脱毛には2種類の方法があり、光脱毛というフラッシュやレーザー脱毛はこういう場合の人は出来ません。

光脱毛はメラニン色素に反応して、本来は美肌エステに使われていたものなのでどうしても黒色に反応してしまいます。

ほくろの場合はない人などいないので、白や肌色のシールや、絆創膏などを貼って光が反応しない様にしてから行います。

光脱毛が反応してしまう日焼けして黒くなった肌や、ほくろやタトゥーなどは濃い色に反応して火傷を起こしてしまいます。
地黒程度であれば、光の強さを調整して施術は可能なのですが少し時間がかかるようです。
肌とムダ毛の色に差がある方が効果はあるようです。

タトゥーなどあっても出来ないことはありません

光脱毛は出来ませんが、電気針脱毛なら出来ます。
こちらの脱毛は完璧で100%の脱毛率ですが、クリニックで行われていて保険も適用外なので料金は若干高くなります。

けれども確実に脱毛出来ますし、回数も光脱毛よりは少ない回数で済む場合も多いのでどうしてもと望まれる場合はこちらがおすすめです。

出来ることならばタトゥーなどいれる予定のある方は、先に全身脱毛を行ってから、タトゥーを入れた後にどうしても気になる部分だけを、電気針脱毛でケアするのが結果的にはコスト的に良いと思います。

悩んで諦めることはありません。
色素に反応する脱毛と、1本ずつ確実に脱毛する脱毛があるということは、状態によって部位によって選択したり組み合わせたり出来るということです。
カウンセリングをきちんと受けてどうしたら1番美しく演出できるかを相談した上で自分にあった脱毛計画を立てましょう。