永久脱毛すると毛穴が綺麗になり美白効果が得られるのは本当なの?

永久脱毛するとムダ毛がなくなるだけでなく毛穴が目立たなくなり、肌も白く引き締まって綺麗になるというのは本当なのでしょうか?
美白効果と永久脱毛の関係性について調べてみました。

毛が生えなくなった毛穴は閉じていく

それまで毛が生えていた毛穴は、毛が抜けていても開いた状態で次の発毛を待っています。
毛を剃って処理をした場合は、毛は毛根を残し、そのまま皮膚の下に待機し伸びるのを待っています。
どちらも毛穴を開いたままの状態でいることで、どうしても毛穴はボツボツと目立ってしまうのです。

剃刀などの刺激によって荒れている場合もあります。
また、汗や汚れが入り込んでしまう場合もあります。

特に太くてしっかりしたムダ毛の人の場合、どうしても毛穴もその分しっかりと開いているので、自分で間違った処理をしてしまうと毛穴が目立ってしまうのです。

きちんとしたプロの技術で脱毛した後は、毛穴が徐々に締まって生える毛も細くなってきます。

毛が生えなくなった毛穴はしっかりと閉じてしまいます。
ですから肌のキメがとても細かく美しくなるのです。
そしてフラッシュ脱毛には美肌効果の秘密もあるのです。

フラッシュ脱毛のルーツは美肌ケア

IPLと呼ばれる光が写真のフラッシュの様なのでフラッシュ脱毛と呼ばれている脱毛方法は、元々がフォトフェイシャルと呼ばれる美肌エステのために開発された方法でした。

IPLはレーザーよりも広い範囲に働きかけ、肌の様々なトラブルを解決する力があるものとして今でも使われています。

肌のメラニン色素に働きかけ分解することで美白効果もある事が期待されるものなのです。

その後メラニンに働く力が色の黒い毛乳頭にも働き脱毛効果があることも分かってきて、改めて光の種類などをさらに開発したものがフラッシュ脱毛なのです。

レーザー脱毛も直接毛根を狙うので、周辺の細胞組織に働いて、肌の張りが良くなったということもある様です。

脱毛は単に毛を生えなくするだけでなく、肌そのもののケアにも働きかけているのです。