男性にも永久脱毛する人が増えているのは本当なの?

最近は男性でも綺麗な腕や脚の人が増えてきました。
昔は寿司職人などが綺麗にしていましたが清潔感を求めて全身の永久脱毛も増えています。

江戸時代から男性は脱毛好き

実は脱毛してスッキリ見せるというのは江戸後期からの伝統的な姿でもあるようです。
褌の脇からムダ毛が見えては粋ではないと、石を2つ擦り合わせて脱毛していたと言います。

明治以降、男性らしさというものの見直しが新しい風潮で取り入れられて、脱毛はなくなったようです。

理髪店や、寿司職人、板前など、清潔感を求める職業では軽石で擦るなどの荒々しい方法で脱毛が行われていたようです。

ですから清潔感を求めてムダ毛を処理するという感覚は、肌の色に対して目立つ黒い毛ということや、日本人独特の太くてしっかりした毛質のせいなのでしょう。

忙しい毎日に出来るだけ清潔感を演出したいという男性が増えて、永久脱毛を望むのは自然なことなのかもしれません。

現代男子の脱毛事情

今や男性の5人に1人は脱毛経験があり、半数が男性脱毛は必要だと男女共に認める時代です。

女性の意見としては、もみあげから髭に繋がる部分、胸毛、脛毛、そして掌の指と甲の毛が特に気になるという意見があります。

どんな格好をしていても、毎日、キチンと入浴して清潔にしていたとしても、そのムダ毛があるだけで、かなり不評となってしまう部分です。

男性もそこは理解していて、ケアしている人が多いのですが、カミソリ負けしてしまう、手の指までは出来ないという人も多く、そういう方に永久脱毛は大変好評なのです。
濃くて剃っても剃っても見えてしまう髭剃り跡も、スッキリとできる様になるでしょう。

仕事先などで名刺を出す時の手指のムダ毛は、相手先に与える印象を変えます。

オフィスでネクタイを緩めた瞬間に見えてしまう胸毛、顔に沿って斜めに生える、剃りきれないもみあげから髭に繋がる毛など、女性が気になると訴えている部分を面倒な手入れなしで、いつでもスッキリと見せられる様になるでしょう。

女性の社会進出に伴い、男性も脱毛して清潔に見えるようにするのは時代の流れなのです。