ほくろやタトゥー、日焼けがあると永久脱毛が難しくなるのか

永久脱毛が難しい要因でよく言われるのは、色黒の人や日焼けしている人やほくろやタトゥーがある人です。
またまた公式ブログなどにもタトゥーがある人は出来ませんと書かれている場合もあります。
このような方は本当に脱毛出来ないのでしょうか?

光脱毛の場合は出来ないのです

脱毛には2種類の方法があり、光脱毛というフラッシュやレーザー脱毛はこういう場合の人は出来ません。

光脱毛はメラニン色素に反応して、本来は美肌エステに使われていたものなのでどうしても黒色に反応してしまいます。

ほくろの場合はない人などいないので、白や肌色のシールや、絆創膏などを貼って光が反応しない様にしてから行います。

光脱毛が反応してしまう日焼けして黒くなった肌や、ほくろやタトゥーなどは濃い色に反応して火傷を起こしてしまいます。
地黒程度であれば、光の強さを調整して施術は可能なのですが少し時間がかかるようです。
肌とムダ毛の色に差がある方が効果はあるようです。

タトゥーなどあっても出来ないことはありません

光脱毛は出来ませんが、電気針脱毛なら出来ます。
こちらの脱毛は完璧で100%の脱毛率ですが、クリニックで行われていて保険も適用外なので料金は若干高くなります。

けれども確実に脱毛出来ますし、回数も光脱毛よりは少ない回数で済む場合も多いのでどうしてもと望まれる場合はこちらがおすすめです。

出来ることならばタトゥーなどいれる予定のある方は、先に全身脱毛を行ってから、タトゥーを入れた後にどうしても気になる部分だけを、電気針脱毛でケアするのが結果的にはコスト的に良いと思います。

悩んで諦めることはありません。
色素に反応する脱毛と、1本ずつ確実に脱毛する脱毛があるということは、状態によって部位によって選択したり組み合わせたり出来るということです。
カウンセリングをきちんと受けてどうしたら1番美しく演出できるかを相談した上で自分にあった脱毛計画を立てましょう。

特に永久脱毛しておきたい人気の部位、効果の高い部位について

せっかく永久脱毛するなら絶対にやっておくべき事ってあると思いますか?
みんなに人気の効果の高い脱毛は体のどの部分なのでしょうか?
永久脱毛の人気の部位についてここでは調べてみましょう。

1位は断然トップでワキのようです

ワキは格安で、お手入れも難しく脱毛後の綺麗さが秀でているせいか断然トップです。
価格は1回500円位の所や、中には契約内容によってサービスの所などがある様で、人気ナンバーワンです。
暑い炎天下で気軽に上着を脱ぎたいのに、つい忘れがちで脱げないようなそんな悩みが多いのかも知れません。

ワキだけはやっておきたいそんな声が多いようです。
2目がVIOラインとひざ下です。
ひざ下は脛、足の指、足の甲と細かく分かれているのですが、夏のサンダルファッションからオフィスウェアのスカートまで美しく演出したい人、海での気になるところを整えたい人と、ライフスタイルの違いで2つに分かれているようです。
3番目は意外にも背中です。

自分では気付かない背中なのになぜ?と思うかも知れませんがそれだけ他の人を見て気になっている部分のようです。
背中は比較的時間もかかるので、しっかりと受けておく方が効果的です。

1番効果のある場所は施術法でも違います

個人差はあるようですが、いわゆるレーザーやフラッシュなどの脱毛では濃くて太い毛が効果的のようです。

ですからワキなどは範囲も狭く、ワキだけ限定で施術できるなど、様々理由から効果も人気も1番のようです。

次に効果のある場所は脛、特にしっかりとした太い毛でお悩みの方には効果があるようです。

太くて濃いのに時間のかかる部位がVIOラインで、柔らかい脂肪を含んだ細胞の奥深くに毛根があるので時間がかかるようです。

ただ施術法でも違いますからある程度目立たなくなってからどうしても無くしたいムダ毛をクリニックのレーザー脱毛や、電気針脱毛で徹底的にやっつけるという乗り換え法を使う人も増えている様です。

また女性の顔のムダ毛など、時間のかかるムダ毛処理を、他の美肌エステなどと組み合わせて通う人も多い様です。

 

 

永久脱毛すると毛穴が綺麗になり美白効果が得られるのは本当なの?

永久脱毛するとムダ毛がなくなるだけでなく毛穴が目立たなくなり、肌も白く引き締まって綺麗になるというのは本当なのでしょうか?
美白効果と永久脱毛の関係性について調べてみました。

毛が生えなくなった毛穴は閉じていく

それまで毛が生えていた毛穴は、毛が抜けていても開いた状態で次の発毛を待っています。
毛を剃って処理をした場合は、毛は毛根を残し、そのまま皮膚の下に待機し伸びるのを待っています。
どちらも毛穴を開いたままの状態でいることで、どうしても毛穴はボツボツと目立ってしまうのです。

剃刀などの刺激によって荒れている場合もあります。
また、汗や汚れが入り込んでしまう場合もあります。

特に太くてしっかりしたムダ毛の人の場合、どうしても毛穴もその分しっかりと開いているので、自分で間違った処理をしてしまうと毛穴が目立ってしまうのです。

きちんとしたプロの技術で脱毛した後は、毛穴が徐々に締まって生える毛も細くなってきます。

毛が生えなくなった毛穴はしっかりと閉じてしまいます。
ですから肌のキメがとても細かく美しくなるのです。
そしてフラッシュ脱毛には美肌効果の秘密もあるのです。

フラッシュ脱毛のルーツは美肌ケア

IPLと呼ばれる光が写真のフラッシュの様なのでフラッシュ脱毛と呼ばれている脱毛方法は、元々がフォトフェイシャルと呼ばれる美肌エステのために開発された方法でした。

IPLはレーザーよりも広い範囲に働きかけ、肌の様々なトラブルを解決する力があるものとして今でも使われています。

肌のメラニン色素に働きかけ分解することで美白効果もある事が期待されるものなのです。

その後メラニンに働く力が色の黒い毛乳頭にも働き脱毛効果があることも分かってきて、改めて光の種類などをさらに開発したものがフラッシュ脱毛なのです。

レーザー脱毛も直接毛根を狙うので、周辺の細胞組織に働いて、肌の張りが良くなったということもある様です。

脱毛は単に毛を生えなくするだけでなく、肌そのもののケアにも働きかけているのです。

 

 

永久脱毛をする上で覚えておきたいデメリットについて

もし永久脱毛を行った時は2度と毛は生えてこなくなります。
永久脱毛という言葉の定義をきちんと知って行う上で覚えておきたいデメリットについて調べてみました。

永久脱毛は再び少し毛が生えてきます

永久脱毛は、施術後1ヶ月後に再生して生える毛が全体の20%以下であることという定義です。
ですから多い人は20%以内の発毛再生があるということになります。
またクリニックで行われるレーザー脱毛も、施術180日後に、再生率が63%以下であることという定義です。

いずれもアメリカでの基準であり、日本では限定はされていません。
サロンで行われるフラッシュ脱毛は、元々が美肌の為に開発された機械を脱毛に使える様にしたものなのです。
どうしても発毛再生率が高くなりますが、その分肌や毛根に対するダメージが少なく、広い年齢層にそしてデリケートな部分にも使いやすいのです。

汗のかきやすい人は注意

汗をかきやすい人は、汗が蒸発するために使われていた毛がなくなることで、皮膚に汗が残りベタついたり、脇などはじっとりと服に汗が滲みてしまうことがあります。

ですから脱毛後のケアとして、脇汗用のパッドやパウダー入りのシートなどでこまめにケアした方が良い場合があります。
汗の質は個人差もありますから、人によって起きることではありますがやはり報告はある様です。

反面VIOラインなどの場合は、逆に体臭が消えたという報告もある様なので、個人差もあるでしょうが良い点もある様です。

また永久脱毛といっても、機械により得意な分野と不得意な分野があり、サロンで行うかクリニックで行うかで機械の種類や費用などが変わってきます。

クリニックでは完全自己負担になるので費用はかさみますがより完璧な施術も可能です。
サロンでもかなり本格的な脱毛が行われるサロンも出てきました。
通う必要はありますが、気軽な費用でチェーン店もあり、仕事帰りなどに気軽に予約できます。
スケジュールの相談なども、しっかりと行うことが必要です。

 

 

 

男性にも永久脱毛する人が増えているのは本当なの?

最近は男性でも綺麗な腕や脚の人が増えてきました。
昔は寿司職人などが綺麗にしていましたが清潔感を求めて全身の永久脱毛も増えています。

江戸時代から男性は脱毛好き

実は脱毛してスッキリ見せるというのは江戸後期からの伝統的な姿でもあるようです。
褌の脇からムダ毛が見えては粋ではないと、石を2つ擦り合わせて脱毛していたと言います。

明治以降、男性らしさというものの見直しが新しい風潮で取り入れられて、脱毛はなくなったようです。

理髪店や、寿司職人、板前など、清潔感を求める職業では軽石で擦るなどの荒々しい方法で脱毛が行われていたようです。

ですから清潔感を求めてムダ毛を処理するという感覚は、肌の色に対して目立つ黒い毛ということや、日本人独特の太くてしっかりした毛質のせいなのでしょう。

忙しい毎日に出来るだけ清潔感を演出したいという男性が増えて、永久脱毛を望むのは自然なことなのかもしれません。

現代男子の脱毛事情

今や男性の5人に1人は脱毛経験があり、半数が男性脱毛は必要だと男女共に認める時代です。

女性の意見としては、もみあげから髭に繋がる部分、胸毛、脛毛、そして掌の指と甲の毛が特に気になるという意見があります。

どんな格好をしていても、毎日、キチンと入浴して清潔にしていたとしても、そのムダ毛があるだけで、かなり不評となってしまう部分です。

男性もそこは理解していて、ケアしている人が多いのですが、カミソリ負けしてしまう、手の指までは出来ないという人も多く、そういう方に永久脱毛は大変好評なのです。
濃くて剃っても剃っても見えてしまう髭剃り跡も、スッキリとできる様になるでしょう。

仕事先などで名刺を出す時の手指のムダ毛は、相手先に与える印象を変えます。

オフィスでネクタイを緩めた瞬間に見えてしまう胸毛、顔に沿って斜めに生える、剃りきれないもみあげから髭に繋がる毛など、女性が気になると訴えている部分を面倒な手入れなしで、いつでもスッキリと見せられる様になるでしょう。

女性の社会進出に伴い、男性も脱毛して清潔に見えるようにするのは時代の流れなのです。

 

 

永久脱毛を始める人の年齢はどれくらい?いつから始められるのか

永久脱毛は何歳くらいから始めたらいいのか?果たして本当に効果的なのか気になります。
多感な時期の思春期のムダ毛対策の現状なども合わせて見てみましょう。

おおよそは生理が始まってから

これはホルモンバランスの関係もあり、生理が始まって、ある程度周期も定まってから行う方が効果は高いと言われています。

女性ホルモンの分泌により、今までなかった部分にも生えてきて、腕や脚の毛も人によっては濃くなり人によっては薄くなります。

薄くなる人も居るのなら、余計な刺激は与えない方が良い場合もあります。
また周期も定まってきていれば、脱毛のタイミングも掴みやすく効果が期待できます。

ただまだ安定している状態ではないので、また再び生えてくる確率は高く、その後のホルモンのバランスによってはもう一度施術が必要になることもあります。
そのことを考慮して1番若く出来る目安として生理があるかないか、周期が安定してきているかいないかなのです。

様々な理由でどうしても行う場合

薬の副作用であるなどの理由でどうしてももう少しムダ毛を少なくしたい、そのせいでイジメられて引きこもってしまうなどのお悩みのある方は、減毛処置として7歳位からのフラッシュ脱毛を行うところもあるようです。

といっても、小さな子どもにはチクチクとした痛みもありますし、肌への影響もある上に、大人になればまた生えてきてしまう可能性の方が高いです。
その点は充分に話し合い、また第三者の意見なども訊いてからの方が良いかもしれません。
その上でサロンで充分なカウンセリングを受け、脱毛後の肌ケアなどもしっかりと行うなど、注意することはキチンと行うことです。

本来は18歳以上であることが基準で、今でもその基準で施術している所が多いのが現実なので、必ずその点は調べた上で相談しましょう。

機材や施術の進歩はあり小さなうちからでも可能ではありますが、毛の生えるメカニズムやホルモンの影響など本人の負担との兼ね合いを充分に考慮しましょう。

 

 

これから永久脱毛する人はどんな方法が選べる?その種類について

今や永久脱毛は機械も技術者の技術も、向上していてさらに競争により価格もかなり抑えられてきています。
種類と効果など、どんな方法が選べるのでしょうか。

濃くてお悩みの方に

色白で毛足が長く、濃く太い毛で肌の白さゆえに目立ってしまうという人なら、価格も安くお試しも多いサロンでのフラッシュ脱毛を行なってみるのも良いでしょう。
5〜6回の施術でほとんど目立たなくなる事が期待でき、初回は格安なお試しも出来る所も多く、お気に入りのサロンを見つけられます。

完全に脱毛することは出来ないこともありますが、かなり薄くする事が可能で、人によっては大成功という人も多いです。
どうしても目立ってしまうムダ毛には、そこだけクリニックに乗り換え電気針脱毛を併用しても良いでしょう。

フラッシュ脱毛より、さらに効果があり痛みも少ないです。
ただ費用が少し高くなるので、フラッシュ脱毛を先に済ませておく方が安く済みます。

絶対に無くしたい人に

太くて濃い人は、まず気になるところだけでもフラッシュ脱毛を試してみましょう。
フラッシュ脱毛は、色に反応するのでとても効果が期待出来るからです。
けれども個人差もありますから、やはり向かない場合もあります。

そういう人は、まずはレーザー脱毛をしてから、絶縁針脱毛をすると良いでしょう。
どちらもクリニックで行っており、それぞれの毛質に合わせたカウンセリングを丁寧にしてくれるので安心です。

針脱毛は痛みもありますが、クリニックなら麻酔クリームの併用が出来るので痛みも少ないですし、何より針を使った脱毛は100%の完全脱毛です。

気になる目立つ太くて長いムダ毛が2度と生えなくなるので、脛や腕の目立つ部分だけでも完全に無くしておきたいものです。
そしてデリケートな部分や肌の弱い部分など、カウンセリングをしてからゆっくり判断やしても良いでしょう。
どうしても無くせなかった気になるムダ毛が、今よりずっとスベスベになるでしょう。

 

永久脱毛するとどんなメリットがあるの?嬉しいポイントについて

永久脱毛をすると、どんないい事があるのでしょうか?
もちろん美しくスルリとした手足がいつでも出せるというのは当然ですがその他にもこんなに良いこともあるのです。
永久脱毛の知っておきたいメリット・利点についてまとめてみました。

気温を気にしないファッション

朝は肌寒かったのに昼から暑くなる、こんな天気の時にムダ毛の手入れをしていなかったからと、長袖を不自然に着続けなくてはならないということはありませんか?

ストッキングやタイツを脱いで生脚になりたくても我慢しなければいけないこともなくなります。
暑ければ爽やかにすぐにスッキリとした気温に合わせてノースリーブだって構わないのもこれは永久脱毛をしているからの自由さです。

その上、毛穴の黒ずみなどが薄くなるので肌の輝きが違います。
毛穴に毛がない状態でいることで毛穴が締まってくるのです。
素肌本来の美しさが季節を問わず、楽しめるのです。

脱毛直後は皮脂や水分が飛びやすく、乾燥しがちなので乳液などでお手入れを忘れないで是非その美しさを長続きさせて下さい。

体臭の軽減や、汗肌ケアの手軽さ

脱毛をすると脇の汗を掻きやすくなるという方がいますが、それは今まで毛に張り付くことで乾燥していた汗がそのまま出てくることによります。
特に汗かきになった訳ではありません。

また、今までは毛について乾燥することでさらに雑菌などが湧きやすく、臭いの原因だった所は、臭いがかなり軽減します。
脇などは制汗スプレーがかなり効果を発揮しますし、パウダー入りのウェットシートなどのお手入れでより爽やかな毎日が送れます。

VIOラインなど、汗だけではない汚れが雑菌の繁殖を起こし、毛嚢炎や臭いなど、トラブルに悩む方も多いのですが、これもかなりの効果がありすっきりしたという声が多い場所です。

綺麗にお手入れされたVIOラインは、社員旅行などで温泉に入らなくてはならない時に、脱衣所で下着を脱いだ途端に体臭が出ることもありません。

また綺麗に整っているので、恥ずかしさもありません。
やたらと見せることがない分、どうしても怠りがちなケアが実感出来ます。

 

近年人気が集まっている永久脱毛とは何?どんな方法があるのか

近年、利用者が増えてきていて幅広い年代に関心が高まっている永久脱毛ですが、永久脱毛にはどんな方法があってどのような効果があるのでしょうか。
ここでは永久脱毛について気になる情報を集めてみました。

もっとも古い歴史を持つ電気針脱毛

昔は脱毛といえば電気針でした。
毛穴1つ1つに針を刺し、直接毛根にある毛乳頭などに電気を通して脱毛する方法です。
かなりの歴史があり、完全に脱毛出来る方法です。

けれどもこの方法は痛みを伴い、かなり技術も必要で施術者による施術本数などにも大きなばらつきがあります。
全身脱毛となると、莫大な費用と時間、そして痛みがある事が原因で廃れてきてしまいました。

またこの施術は施術者に資格も必要であり、行うにはかなりの設備投資が必要で、行う所が少なくなってしまいました。

現在では法律上、永久脱毛は医療行為と見なされ、医師免許を持つクリニックでの脱毛だけが永久脱毛という事が出来ます。

サロンではほぼクリニックと同じ施術を行う場所も出てきましたが、レーザー脱毛、電気針脱毛、いずれの施術においても波長や周波などに制限があり、また麻酔なども使う事が出来ません。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛

最近のサロンで主流なのがフラッシュ脱毛です。
フラッシュ脱毛は元々、美肌のために開発された方法で、毛穴の引き締めなどに使われていました。

ところがこの施術を受けた多くの人から毛が薄くなったという報告を受けたため、研究と開発を重ねて生まれたのがフラッシュ脱毛なのです。

広い範囲を短時間で行える点が、費用の安さに繋がり、痛みもかなり少ないので人気となっています。

産毛や肌の色に近い色の薄い毛には反応がしにくいという点や、回数を通う必要がある完全に脱毛ということは無いなど、全くの無毛を望む方には些か完璧とは言えませんが、自然な仕上がりでかなり減毛可能で気軽な点はとても人気です。
費用も比較的お手頃なのも人気のようです。

クリニックの施術は麻酔もあり、効果も高く全額自己負担となりますが回数は少ないこともあり、サロンは何回か通う必要がありますが手軽な金額で通いやすいというのが特徴です。